喜ばれる内祝いを贈ろう~あらかじめ予算をもとに贈り物を決める~

喜びをお返しする

風呂敷

マナーを守ったプレゼント

出産をきっかけに知り合いから贈り物や現金を頂いた場合、内祝いでお返しします。内祝いは本来自分達に嬉しいことが起きた時、お世話になった人たちにそれをお知らせするプレゼントです。そのためできるだけ高額な贈り物をしたくなりますが、出産内祝いは頂いたものの半額程度の品物を返すのがマナーですから気をつけましょう。もしも頂いた品物が高価な場合、三分の一程度の内祝いを贈ると良いでしょう。内祝いをプレゼントする際に必ず忘れたくないのが熨斗です。フォーマルな贈り物ですから、子供の名前を添えて蝶結びの熨斗にします。こうした熨斗には喜ばしいことを寿ぐ意味があるのです。また一層丁寧な形で内祝いを贈りたい時は、両親からの一言を添えたカードを送ると丁寧でしょう。内祝い用のカードを販売している業者もありますので、一枚一枚手書きすることが難しい方にとって安心です。食品を内祝いで贈る際は受け取る人の好みに寄り添って選びましょう。生物は好き嫌いがあるだけでなく賞味期限のが短いため避けた方が無難です。調味料や飲料のように幅広い過程で必要とされているものを贈ると間違いがありません。品物を選ぶ時間がない時は現金でお返ししたおくなりますが、こうした内祝いは失礼になりますので注意する必要があります。カタログギフトなど贈る側が選ばずにすむお返しを選択すると良いでしょう。出産内祝いは生後二ヶ月以内に贈るのがマナーです。できれば生後一ヶ月以内に返すようにしましょう。産後に忙しくなる場合、事前に用意しておくと慌てずに済みます。

Copyright© 2018 喜ばれる内祝いを贈ろう~あらかじめ予算をもとに贈り物を決める~ All Rights Reserved.