喜ばれる内祝いを贈ろう~あらかじめ予算をもとに贈り物を決める~

カタログ

お礼の品選び

結婚式や祝賀パーティーの引き出物はカタログギフトを選ぶようにすると、贈る側と受け取る側それぞれにメリットがあります。カタログギフトは価格帯やジャンルもさまざまなものが揃っているので、スタイルや規模に合わせて選ぶようにすると良いでしょう。

内祝

おすすめのお礼の品選び

通販で内祝いの品を購入すれば、買いに行く手間がかかりませんし、ネット上で人気ランキングや口コミを参考に出来るので便利です。内祝いは品物だけでなく、贈る側と受け取る側の両方にメリットが多いカタログギフトを選ぶ方法もあります。

相手のニーズに合う贈り物

内祝い

品物の選び方

内祝いは本来は身内内に起こったお祝い事をみんなで分かち合うために始められたと言われています。最近では出産等でお祝いをいただいたお返しという意味合いで贈り物をすることが多いです。贈り物は現金や品物でいただくことが多いですが、内祝いはほとんどの場合、品物でお返しします。いただいた相手の年齢層や家族構成を考えて最適な内祝いを贈りましょう。内祝いは生まれてきた子供の名前を披露する場面でもありますので、子供の名前で熨も書きます。内祝いで定番のアイテムとしては、お菓子の詰め合わせなどが人気です。高価な金額をいただいた場合には、カタログギフト等と組み合わせても良いでしょう。タオルや洗剤、飲み物などはすぐに使ってもらえるケースが多いので重宝してもらえるアイテムです。内祝いの目安はいただいた金額の3割から4割位が適切ですので、あらかじめ予算をもとに贈り物を決めることができます。たくさん商品があるので迷ってしまいますが、相手の趣味や趣向などを知っていると商品選びも簡単です。インターネット上では、内祝いに特化したサイトなどもあり名前入れが無料でできるものもあります。顔写真や名前入りのアイテムは個性を出したい方にはオススメです。内祝いはいただいてから速やかにお返しすることが重要で、できれば1、2週間以内にお返ししましょう。遅くとも1ヶ月以内にお返しすることが大切ですので、何を贈るかはあらかじめ決めておくと良いです。

Copyright© 2018 喜ばれる内祝いを贈ろう~あらかじめ予算をもとに贈り物を決める~ All Rights Reserved.